2018年05月20日

[PS+]シャーロックホームズ 悪魔の娘 感想

sh (1).jpg
5月のフリープレイで配信中のシャーロックホームズをクリアしました。

主にPCで展開されていたシリーズらしく、今作はシリーズとしてはなんと8作品。そして家庭用に移植された初めての作品らしいです。
こう書くと初めて遊ぶにはハードルが高く感じますが、「ホームズが探偵で助手はワトソン」くらいの知識があれば問題なく遊べます。シリーズ通してのお馴染みっぽいキャラは何人かいますが、知らなくてもストーリーについていけないってことにはならないので大丈夫です。

キーワードを組み合わせて推理していくのは楽しく、犯人を物語の途中で決めつけて終わりに出来、それが真実でも誤認でも物語は進むっていう斬新さも自由があっていい!と思ったんですが……ミニゲームが多すぎない?

続きを読む
ラベル:フリープレイ

2018年05月10日

PSplus 2018年5月の更新

インディーズセールも開催中!5月のプラス更新!

PS Plus 2018年5月提供コンテンツ情報! PS Plus公式Twitterアカウントも開設!(PlayStation.Blog)

20180509.jpg

[PS4]シャーロック・ホームズ -悪魔の娘-
[PS4]トラックマニア ターボ
[vita]STORM LOVER 2nd V
[PS3]るいは智を呼ぶ


今月のフリープレイはこんな感じ。

遊んでみたかった「シャーロックホームズ」が来て嬉しい。
あとはコースエディットが面白そうなレースゲーム「トラックマニア」と、
先月来てたストラバの続編と、ギャルゲーるいは智を呼ぶというラインナップ。

今年に入ってから配信タイトルが少なくなってるような気がするなあ…
何年か前は機種毎に2〜3本あるのが当たり前で遊びきれねえ!なんて思ってたけど、少なくなるとそれはそれで寂しい。
それにこの感じだと、PS3とvitaソフトがなくったら配信タイトルは更に少なくなって2〜3本が当たり前になるんじゃ?という不安もあります。



20180510.jpg

PS Storeにて期間限定で「BitSummit Volume 6 開催記念 インディーズゲームセール」を開催中!()

インディーズゲームの祭典「BitSummit Volume 6(ビットサミット ボリューム シックス)」の開催記念のセールはフリープレイで遊んだタイトルが多め。気になってたソフトは大体購入済みがフリープレイで触ってますが、調べてみるとまだまだ面白そうなタイトルが沢山ありますね。クーポンはさすがにもう来ないかなーとは思うけど、とりあえず「フィンチ家」と「エースオブシーフード」と「Burly Men at Sea」をカートに放り込んで様子見。

クリアした中だとストーリーが面白かったアンダーテールFIREWATCH
雰囲気作りが最高に上手いアドベンチャーVA-11 Hall-A、2064: Read Only Memories
デザインもよくパズルも熱中出来るFEZThe Swapperなんかがオススメです。
最後まで遊んでないけどGrim Fandango Remasteredも操作に難有りだけど話は面白かった。
ラベル:PSPlus

2018年05月07日

horizon お気に入りスクショ集 その2

Horizon Zero Dawn(107).jpg

私だけが楽しいhoraizonスクリーンショット集のつづき
今回は機械獣と機械炉の写真をまとめました。よろしければお付き合いください。

前回よりも画像多め。

続きを読む
ラベル:horizon zero dawn

2018年05月01日

horizon お気に入りスクショ集 その1 (5/7追加)

Horizon Zero Dawn(46).jpg

最近のホライゾン:いいロケーション探しばかりしてDLCが進まない。

今日はストーリーを進めるぞ!って思ってもすぐにフォトモードでカメラぐるぐるしだしてその日が終わります。

ただでさえPS4のソフトはスクリーンショットを撮りすぎる傾向にあるので、適当に撮ってもそれなり以上になるホライゾンの写真撮影は楽しすぎて時間を忘れてしまう。「ここいい!」と思った瞬間ならそれがイベントシーンでも戦闘中でもいつでもポーズしてフォトモードが出来るというのが有りがたい。フォトモードだけでずっと遊んでいられるレベル。

うまく撮れてはひとり悦に入ってる写真達をご覧ください。

続きを読む
ラベル:horizon zero dawn

2018年04月28日

DETROIT体験版感想

Detroit(01).jpg

新鮮味が薄れるから体験版を遊ぶのは我慢しよう…
と思ってたけど、我慢できずに遊んじゃいました。

一言でまとめると”ヘビーレインの登場人物の生死関係なく物語が進むシステムをさらに発展させてノーマンの捜査パートを直感的にした3Dサウンドノベル”だった!

続きを読む