2016年05月31日

[PS3]チャイルドオブライト感想

気まぐれ感謝祭で買ったチャイルドオブライトをクリアしました〜!
日本産のRPGでは今やほとんど見かけないTHE・王道ファンタジーっぷりが逆に新鮮で熱中して遊べました。

col (1).JPG
チャイルドオブライト(PC/PS4/PS3/Xbox One/Xbox 360/Wii U)は、
「アサシンクリード」や「ファークライ」で有名なUBIソフト制作の2DRPGです。
闇の女王によって光を奪われたレムリア王国を救うために、主人公「オーロラ」と相棒イグニキュラスは冒険をはじめる……といった感じのストーリー。

なんでもJRPGをリスペクトして作られたゲームということで、
そこかしこに古き良き時代のRPGの片鱗を感じさせる作りでした。
日本のゲームを参考にしてあるだけあって、普段洋ゲーはやらないという人でもとっつきやすく作られていますよ!


col (3).JPG
MAPは横に長く、迷ってもとりあえず横に進んでおけばどこかにたどり着くという親切設計。
水彩画で描かれた美しい背景と、優しいピアノのBGMがマッチしていて雰囲気が抜群によかった!

たまに敵シンボルが背景にマッチしすぎてぶつかり戦闘がはじまる事故はありますが、ふわふわ飛びながら移動するのはすごく楽しかったですねー
動くたびになめらかにはためくオーロラの髪やスカートは必見。


col (2).JPG
戦闘はシンボルエンカウント+コマンド式
敵が攻撃準備に入っているときに攻撃を当てると妨害できるという、なんだかグランディアを思い出す作りです。
グランディアと違うのは直接攻撃には加わらない3人目の戦闘メンバーイグニキュラスの存在でしょうか。
スティックを動かして仲間にカーソルを合わせて体力回復、敵に合わせて動きを遅くし、画面の端のお花を摘んで自分の行動ゲージ回復…と戦闘中いちばん小忙しいポジション。

「相手の動きを遅くして妨害してずっと自分のターン!」とか、
「妨害しようとしたら相手の速度の方が早くて逆に妨害された!」とか、
イグニキュラスの動かし方によって攻守がガラリと変わるのが面白かったですね。



レベルはサクサク上がるし、スキル取得もわかり易く、合成も簡単。
ストレスになる要素がほとんど排除されているので、存分に絵本のような世界観に浸ることができました。
そのため、プレイ時間は10時間前後と短めなんですが、クリア後の満足度は高かったです。

色んな要素がきちんとまとまった短いながらも完成度の高い1本。おすすめ!

ただ寂しいのはこういう昔のRPGを思い出させる作品が海外から出るということですね…
日本でももっとこういうゲームを作るべき!
次は二ノ国でも遊ぼう!
posted by エリ子 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | その他一般(洋ゲー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438394092
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック